2008 Brauer交流団来福 ホストファミリーのアンケート

開催:2008年9月16日~2008年9月29日

~ ホストファミリーのアンケートから抜粋 ~

 受入生徒への印象について

  • 人見知りする。大人しい。
  • とてもまじめで、努力家で、思いやりのある生徒。“日本の心”・文化にとても興味を持ち、それを良く理解してくれました。
  • 明るく元気で、ユーモアがあり、積極的な女の子。礼儀正しく、きちんと気を使える子でした。
  • 喋りだしたら、止まらない!
  • 素直・明るい・気を使ってくれた。日本語が上手。こちらの英語が伝わらないのを一生懸命理解しようと努力してくれた。
  • 明るくて、接しやすかった。
  • 気配りの出来る、とても明るい子。また遊びに来て欲しい。
  • マナーを心得た方でした。明るく、優しく、とても良い方でした。
  • 来日前に電話やメールで交流していたこともあり、スムーズに溶け込めた。とてもフレンドリーで素敵なご夫婦でした。
  • Brauerの子たちの素直な姿にとても好感が持てた。

 ホームステイで特に思い出に残った事は何ですか?

  • 毎晩、夕食をみんなで食べ、色んな事を話しました。
  • 休日に、おひなさまと5月人形を出して見せた時には、とても感動してくれました。
  • スペースワールドでは、また違った子供らしい一面も見ることが出来、楽しかったです。
  • 彼女がステイした事で、日常忙しい我が子達とも一緒に行動する時間やコミュニケーションが増え、楽しかった。
  • 家でのお喋りや、英語を教えてもらったりしたこと。
  • 最初は全く英語が出てこなかったのが、何日か経つうちに分からなくても何とか伝えようとする事で、受入生徒以外の生徒とも話が通じるようになった事。
  • みんなとの会話。

 ホームステイ中、困った事、ハプニングはありましたか?

  • 困ったことと言えば、私が働いている為、帰りが6時過ぎになり、家に帰ると色々なことを話してくれるのですが、やはり言葉だけでは理解できないため、辞書を片手にジェスチャーを入れて話しているとどうしても、夕食が遅くなり、9時10時になることもありました。
  • 最終日の夜、家族やこちらで仲良くなった友達みんなで寄せ書きのTシャツを見せた時、感激してくれた後、メソメソして困った。
  • 普段は和食が多いのだが、私たちが普段食べる塩もみした野菜や海藻、味噌などは全く食べなかったので、食事に気を使った。その割には食べてもらえず、パンも様々なものを買ってみたが、1種類しか食べてもらえず、何だったら食べてもらえるのかなかなか把握できなかった。
  • シーフード、豚肉が食べれなく、何を作ろうか悩みました。
  • 英語の会話力が無いこと。
このページの先頭へ