第30回テニス大会&交流会を開催しました

開催:2019年9月21日

福岡日豪協会第30回テニス大会を9月21日に九電香椎競技場にて開催し、29名の方が参加されました。参加者の中には、ここ数年継続してお越しいただいている方もいれば、久々にラケットを持つ方や高校以来再チャレンジという方もいました。

大会全般の指揮を執ってくださったのは、協会運営委員の樋口さん。そして、九電テニス部にはコーチ陣としてご協力いただきました。

まずサーブ、フォア、バック等の練習を行ってから、コーチ陣も交えてダブルスのチームを組み、正式なゲームに移りました。今回は二つのグループに分かれ、それぞれのグループ内でマッチをして、累計取得点数が高いチームを優勝とするルールで行われました。

テニスのレベル差に不安がっていた参加者もいらっしゃいましたが、コートを走っているうちに自信をつけられ、存分にテニスを楽しんでいる様子が伺えました。ボールの音や歓声、時には悔しさに叫ぶ声が、コートに心地よく響きわたりました。

2時間ほどの対戦の末、優勝したチームはオーストラリア産ワインを勝ち取りました。勝ち負けにかかわらず、気持ちいい汗をかいた参加者の皆さんの顔はすがすがしいものでした。

B1.jpg B2.jpg
練習でウォーミングアップ 対戦前の心構えを共有
B3.jpg B4.jpg

全力で勝負する参加者たち

B5.jpg  
優勝賞品をゲット!  

 
そして、夕方からは市内に移動し、「オージー料理を囲む交流会」を開催しました。オーストラリア料理を特色とするお店に、テニス大会に続いて参加される方や交流会から参加される方合わせて28名に集まっていただきました。

ワニ肉のステーキ、ダチョウのたたきなど、オーストラリア特有の料理に初めて出会う方も多く、興味津々に新しい味に挑戦。コストパフォーマンスの高さで評判のオーストラリアワインも大変人気でした。こういった食文化についての話題も広がり、わいわいと交流を楽しみました。

交流会の途中では、オーストラリア産のワインや食材が当たる抽選会も行われ、さらに場は盛り上がっていきました。

B6.jpg B7.jpg
交流会の様子


ちなみに、この日のラグビーワールドカップ「オーストラリアVSフィジー」戦では激戦の末に、オーストラリアが見事に勝利を収めました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!今後も皆さまの親睦を深める場を企画していきますので、またのご参加お待ちしております。

このページの先頭へ