第27回福岡日豪協会中高生ホームステイ交流のご報告

開催:2019年7月21日~2019年8月 4日

今年で第27回目となるホームステイ交流プログラムでは、九州の高校から5名の生徒さんが参加し、夏休みの2週間にわたってオーストラリア・ビクトリア州に滞在しながら家庭生活や学校生活を体験しました。

1.jpg
福岡空港から出発。「行ってきます!」

 

7月22日:メルボルン観光およびメルボルン大学のキャンパスツアー

初日は自然と芸術の街―メルボルンを散策しました。セントパトリック大聖堂の雄大な建築やフィッツロイ公園に移築された英国人海洋探検家キャプテン・クックの生家を見ながら、歴史に思いを馳せました。また、オーストラリア最古の美術館であるビクトリア国立美術館では、ヨーロッパ、アジアなどの常設作品のほか、日本の陶磁器の特別展もあり、見応え満点でした。

2.jpg   3.jpg
 セントパトリック大聖堂 
 4.jpg  5.jpg
 フィッツロイ公園内のキャプテン・クックの生家 
6.jpg  7.jpg 
 ビクトリア国立美術館 

 

同日の午後は、ビクトリア州豪日協会のご協力の下、メルボルン大学のキャンパスツアーに参加しました。イギリス建築の影響を感じる校舎を見て歩きながら、大学職員のスティーフンさんによるユーモア溢れる案内に、みんなは興味津々に聞き入っていました。その後の大学生との交流会では、日本語と英語を混ぜながら、日本とオーストラリアの学校生活などについてディスカッションしました。最初は緊張していましたが、どんどん会話が弾み、日本から持ってきたカルタをみんなで楽しみました。

8.jpg 9.jpg
 メルボルン大学キャンパスツアー 
10.jpg  11.jpg 
 大学生との交流会 

 

7月23日:グレートオーシャンを経てウォーナンブールへ

翌日、メルボルンから西に260km離れたウォーナンブールへ。道中はグレートオーシャンロードの景観も楽しながらバスで走り、いよいよ受入校であるブラウワー・カレッジに到着しました。教員や生徒たちに温かく迎えられ、ホストファミリーとも初対面。緊張しながらも笑顔で挨拶し、一緒に帰宅しました。

12.jpg 13.jpg
グレートオーシャンロード
14.jpg 15.jpg
ブラウワー・カレッジにてホスト生徒と対面

 

7月24日~8月1日:ウォーナンブールにてホームステイ

翌日から生徒たちはホスト生徒と一緒に登校し、学校生活を体験。英語でのコミュニケーションに苦労をしながらも、クラスメイトとのディスカッションやチームワークを重ねるうちに、リラックスして学校生活を楽しめるようになりました。廊下を歩くときには現地の生徒とフランクに声をかけあったりと、次第に学校生活に溶け込んでいきました。

16.jpg 17.jpg
日本語クラス
18.jpg 19.jpg
木工クラス
20.jpg 21.jpg
アートクラス
22.jpg 23.jpg
調理クラス

 

ホスト生徒と一緒に市内ツアーに出かけた日には、200年以上前のウォーナンブールの街を再現したフラグスタッフ・ヒルを訪れたり、タワーヒルの豊かな自然の中でピクニックを楽しんだりしました。ローガンズ・ビーチでは、親子のクジラを目撃する幸運も!また、市庁舎を訪問し、市議会議員の方々とアフターヌーンティーを楽しみながら交流しました。

24.jpg 25.jpg
フラグスタッフ・ヒル
26.jpg 27.jpg
タワーヒル ローガンズ・ビーチ
28.jpg  
市庁舎訪問  


あっという間にホームステイの最終日がやってきました。学校の図書館で行われたお別れの会「フェアウェルパーティー」では、ホストファミリーの皆さんにも集まっていただき、ホームステイ参加の生徒たちから感謝を込めたスピーチが発表されました。ドキドキしながらも、悔いのないように気持ちを伝えたい。そんな思いで一生懸命発表する生徒たちをファミリーの皆さんは温かく見守ってくれました。

29.jpg 30.jpg
フェアウェルパーティー

 

8月2日~3日:メルボルンを経てシドニーへ移動後シドニー観光


8月2日はメルボルン経由でシドニーに移動。最終日のシドニー観光では、オペラハウスやハーバーブリッジ、セントメアリ大聖堂の迫力を間近で感じ、みんな大興奮。また海に隣接した遊園地であるルナパークや活気溢れるローカルのマーケットなども散策しました。

31.jpg 32.jpg
ペラハウス ハーバーブリッジ
33.jpg 34.jpg
セントメアリ大聖堂 ルナパークの入口にて

 

以上、2週間の国際文化交流でしたが、参加者の皆さんにとって、見聞が広がり将来につながる何かのきっかけとなったら幸いです。最後に、ブラウワー・カレッジの先生方や生徒、ホストファミリーの皆さま、メルボルン大学訪問を実現させてくださったビクトリア州豪日協会と大学の皆さまに心より感謝申し上げます。

今後ともホームステイ交流プログラムへのご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ