2012 第20回中高生ホームステイ交流 生徒たちの感想文②

開催:2012年7月21日~2012年8月 4日

高校1年 さとし

二週間オーストラリアに行って思ったことは、やっぱり英語を話せるようになりたいということです。
僕は中学二年生の時に、ニュージーランドに一週間ホームステイしましたが、その時は初日から緊張してしまい、帰る日になってからやっと少し打ち解けられて、もっとここにいたいなと、後になってそう思い後悔しました。
しかし今回は、その反省を生かして、初日から楽しく、ガンガンいこうと思っていたので、ホストファミリーと対面した日も楽しい時間を過ごすことができました。
僕の部屋はなかったので、外にあるキャンピングカーの中で寝ました。寝るのに外に出るという、ちょっと変な感じでしたが、とても過ごしやすく、快適でした。
ホストファミリーは四人家族で、ホストには兄がいました。みんなとても明るく楽しい人達で、毎日楽しかったです。犬が二匹と、猫を一匹飼っていました。犬は元気がよくて、いつも後を追いかけてきました。猫は毛がフサフサで可愛かったです。
学校では、みんなで受けた日本語の授業が一番楽しかったです。生徒も先生も日本語がとても上手で驚きました。ホストと一緒に受けた技術の授業では、教室に車やバイク、エンジンなどが置いてあって、日本と設備がちがうなと思い、関心しました。
小学校訪問では、小学六年生の子供たちと一緒に数学の授業を受けたり、昼休みは一緒にバスケットボールをして遊びました。みんなとても上手で、自分じゃ相手にならないほどでした。子ども達みんな可愛かったです。
ウォーナンブールはとても良い所で、住みやすい環境でした。まわりは草原が続く田舎町ですが、緑豊かで、気持ちが良かったです。
オーストラリアの市内観光では、シドニータワーにのぼったり、オペラハウスを見たりしました。自然遺産のブルー・マウンテンズは、青い空の下に広い山々が連なるきれいな場所でした。
ホテルでは、みんなでトランプをしたりして、初日のお互いの緊張を解き放って、仲良くなりました。今でも、これからも、一緒にオーストラリアに行ったメンバー八人とはずっと仲の良い友達です。
このホームステイを通じて、僕はまた一周りほど成長できたと思います。仲間の大切さや、ホストファミリーのあたたかさを知り、またホームステイしたいと思いました。自分の将来の夢、これから自分が生きていくうえで、英語はとても大切なものになっていきます。それをこのホームステイで改めて気付かされました。
これからも、もっともっと多くの国にでかけていき、色々な面で、自分を成長させていきたいです。

高校2年 みのり

私は、今回のオーストラリアへのホームステイで本当に貴重な経験をすることができました。
行く前は、ホームステイの事より日本人メンバーと仲良くなれるのかどうか不安でした。でも、会ってみると最初は恥ずかしかったりしたけどすぐに打ち解けることができたのでよかったです。
オーストラリアについてからは、ホストファミリーに会うまで終始どきどきでした。ホストファミリーと初めて会った後は学校を少し案内してくれました。私のホストスチューデントのマギーは、私に話しかけてくれましたが、私が全然聞き取れなかったりしたので会話が続きませんでした。早く会話ができるようになりたいと思いました。その後、家に帰ってからは、DVDを見せてくれたり、一生懸命私とコミュニケーションを取ろうとしてくれてとてもうれしかったです。
次の日からは学校へ通いました。学校では、様々な体験ができました。学校は、日本では信じられないくらい自由でびっくりしました。本当にうらやましかったです。学校の友達はみんな優しくて、ほんとに良かったです。
放課後は、ショッピングや映画を見に連れて行ってくれました。
週末は、マギーのバスケの練習でベンディゴまで行ってショッピングをしたり、コアラやカンガルーを見せに連れて行ってくれました。コアラもカンガルーも本当にかわいかったです。そこではヘビも首に巻きました!!!
そしてフェアウェルパーティーでは、スピーチと「キセキ」を歌いました。絶対泣かないと決めていたけれど、やっぱり少し泣いてしまいました。スピーチはきっと、わけのわからないめちゃくちゃな英語だったと思うけど、ちゃんと聞いていてくれたので嬉しかったです。たった一週間の間だったけれど本当に楽しかったし、大好きになりました。別れるのがほんとにさみしかったです。
シドニーでは、色々あったけどなんだかんだ楽しかったです。最終日は、みんなでオールしたりして楽しかったです。
もっともっと英語を勉強してオーストラリアのお家にまた、絶対帰りたいと思います。本当にこの9人で行けてよかったです。最高の思い出になりました。だいすきーっ!!! 西島さん、そしてこのホームステイに参加させてくれたお父さん、お母さんありがとうございました。

「充実した2週間」  高校2年 ゆうき

今回のホームステイ交流は、自分にとってとても大きな経験となり、これから英語を習得するにあたって、とても大きなきっかけとなりました。
出国する前は、初めての海外とホームステイということで不安と楽しみな気持ちが半々でした。成田-シドニー間の飛行機では、なかなか眠れず、夜中まで映画を見ていました。シドニーについて周りの広告がとたんに英語になってからは、楽しみという思いが増してきました。
メルボルンの印象は、都会ではあるけど、昔ながらの建物と現代風の独創的な建物が見事にマッチしていて何というか、いい都会でした。
3日目はホストファミリーに会いました。最初の日は持ってきたおみやげや雑誌を見せたりして打ち解けることができました。他には、今年はオリンピックイヤーだったので、競泳の北島選手の動画を見せたり、オーストラリアのことを紹介してくれたりしました。ユーチューブはとても便利でした。オーストラリアでは中学生からPCが無料で国から提供されるのでホストスチューデントのPCをかなり自由に使わせてくれました。日本のオリンピックのメダル状況を確認することができたりしました。
ホストファミリーとは一緒にカヤックをしたり、射撃場で本物の銃を撃ったり、動物園に行ってコアラやカンガルーを触ったりヘビを首に巻いたりしました。どれも日本では体験できない体験でした。とても楽しかったです。
ホストファミリーの家での生活では、困ることは、ほとんどなかったけど大変だったのは食事の量です。一人分の量が半端なく多くて食べるのに苦労しました。みんなでオリンピックを観戦したのも楽しかったです。
学校生活では、ホストスチューデントが高校1年生で主に一つ下の学年の人達と行動していたのですが、全然一つ下に見えなくて、むしろ大人っぽく見えました。みんなフレンドリーに接してくれて、目が合っただけでも、ニッコリほほえんでくれたり、声をかけたりしてくれました。ブラウワーはとっても自由で明るい学校でした。イヤホンで音楽を聴く人やパソコンをいじっている風景はよく見られました。
リセス、昼休みのバスケ、サッカー、友達と英語で会話したこと、授業そのどれもが楽しく充実したものでした。数年後ブラウワーカレッジ又はホストファミリーのところへ英語がペラペラになってから、必ず戻りたいです。また、外交官になってオーストラリアで働くという夢もできました。そのきっかけを与えてくれた経験になりました。ありがとうございました。

「オーストラリアでの思い出」 高校2年 しゅうと

オーストラリアのホームステイは15日間と、とても短い期間でしたが、とても楽しくて有意義な時間でした。最初の2、3日間はオーストラリア観光でした。緊張の連続で食事がのどを通らず、メンバーに心配をかけてしまいました。メルボルンはとてもきれいで、西洋らしい街で、とてもすばらしい街でした。メルボルンからホームステイ先であるウォーナンブールに向かう途中にグレートオーシャンロードの観光に行きました。とてもきれいな海岸でした。一番印象深かったのは12人の使徒岩石でした。とてもはく力がありました。ウォーナンブールは自然に恵まれて、静かな田舎町でした。僕のホストファミリーはとても良い人でホストスチューデントとも趣味が一緒で、すぐに仲良くなれました。学校でもホストスチューデントともその友達とバスケットボールをしたり、授業に参加したりして、とても楽しかったです。授業のだらしなさもまた楽しかったです。また、日本語の授業に参加して、生徒と一緒に日本語に授業を受けたり、ホストスチューデントと指輪を作ったり、8人で小学校に行って、小学生の授業を受けたりしました。小学校でもやっぱり友達とバスケットボールをして遊びました。学校のない日は、ホストファミリーと野生のコアラやカンガルーなどを見に行ったり、もう1度12人の使徒岩石を見に行ったりしました。ホストスチューデントのバスケットチームに参加して試合をしたり、空手道場で技を習ったりと、アクティブな毎日でした。10日間のホームステイはとても楽しかったです。ホストマザー、ホストファーザーはとても優しくて、日本のことが大好きでした。日常の様々な事や物の日本語を聞かれました。オリンピックでも日本のことを応援してくれました。ホストスチューデントのおかげで、たくさん友達ができたし、好きな歌手のことや、スポーツの事なども話し合えました。最後の別れの日はとてもつらくて泣いてしまいました。本当に楽しかったです。
ホームステイの後は、シドニーの観光に行きました。シドニーはものすごく都会でびっくりしました。泊まったホテルがチャイナタウンに近かったので、中国人ばかりで変な気もしました。ショッピングセンターの中も中国人だらけだったので、本当にびっくりしました。また、オペラハウスや、世界遺産のブルーマウンテンズにも行きました。最後の2日をシドニーで過ごせて良かったです。この15日間は、今までで一番の思い出です。本当に楽しかったです。いつかもう一度オーストラリアに行きたいと思います。

このページの先頭へ