コアラがいなくなる?!

開催:2012年2月17日~2012年2月17日

みなさん、こんにちは!

今日は、オーストラリアの代表的な動物のひとつ、コアラについて書きたいと思います。

オーストラリアでは、州によって「コアラの抱っこ禁止」という法律がありますが、これはコアラが人間に抱っこされることでストレスを感じ、よって寿命が短くなるという理由からできた法律のようです。

実際、コアラの数は4万頭あまりしかいないという調査結果も出ていますし、30年後には絶滅か?ということも言われています。現在のところ、コアラの保護政策は各州に委ねられているので、州によってコアラが絶滅危惧種に指定されていたり、いなかったりするようです。

そこで、国レベルで絶滅危惧種に指定するかどうかが問題になっていて、昨日その決定が行われる予定だったようですが、決定するのにはさらに時間が必要との理由で延期されました。もともとは昨年の10月に決定する予定だったので、これで2度目の延期だそうです。

コアラの生息数の減少は20世紀ごろに毛皮目的で乱獲されたり、近年ではコアラの生息地の減少や伝染病、交通事故などが原因とのこと。人間の行いに起因するところが大きいようです。

コアラに限らず、絶滅の危機に瀕している生き物はたくさんいるわけで、そろそろ人間の行き方も考え直さないと・・・と思わせられたニュースでした。

このページの先頭へ