「ディジュリドゥを作ろう」ワークショップに行ってきました!

開催:2011年7月17日~2011年7月18日

みなさん、こんにちは!

「紙で民族楽器ディジュリドゥを作ろう」ワークショップに行ってきました!今日はそのレポートです!
このワークショップは、夏に宮地嶽神社で開催された「ミヤジック」のイベントの一つとして「福岡ディジュリドゥ吹こう会」(代表:米倉照貴氏)が実施。小学1年生から楽しんでいましたよ。

ワークショップ看板.JPG 見本.JPG
アボリジニのアートも飾ってありました。 ユーカリの木でできたディジュリドゥ。デザインもさまざま。


会場にはアボリジニのアートや、ユーカリの木で作られたディジュリドゥがあり、アボリジニ一色です。

ディジュ、紙ディジュ.JPG
準備.JPG
真ん中が紙筒に絵の具でデザインを描いたディジュリドゥ。 右側の紙筒に絵の具で模様を描いていきます。この方が米倉先生です。


すでに完成した、紙筒のディジュリドゥがあり、参考になりました。
絵の具や筆などの道具は貸していただきました。紙筒はポスターなどを郵送する時に使う紙筒を想像してもらえればいいです。

作る.JPG 吹く.JPG
小学生でも簡単にできます。どんな模様でもOK!
出来上がったら、実際に吹いてみます。音出てるかな?


絵の具で、思いのままに模様を描いていきます。30分~1時間ほどで完成!
出来上がったら、プラスチックのマウスピースをつけて音を出してみます。「口をアヒルみたいにして、ブゥ~~~と吹きます」と福岡ディジュリドゥ吹こう会代表の米倉さん教えてもらいます。コツをつかめば音が出るようになります。

あっという間に時間が経ってしまいました!初体験でしたが、とっても楽しかったです。もちろん、作ったディジュリドゥは持ち帰ることができます。

当協会でも10月30日(日)に親子を対象に同様のワークショップを開催します!講師はこのワークショップを開催した「福岡ディジュリドゥ吹こう会」の米倉照貴さんです。

興味がある方はここをクリック!

このページの先頭へ