2007 第16回中高生ホームステイ交流 生徒たちの感想から

開催:2007年7月21日~2007年8月 4日

~ 生徒たちの感想文から抜粋 ~

  • ホストスチューデントと、一緒に色んな会話をして、自分なりに本など見て何とか話が出来て、初めは、あっちもこっちも固くて、ぎこちなかったけど、最後の方は、親友のように親しくなれて、嬉しかったです。別れの時は、悲しくて少し泣いてしまいました。
  • カンガルーに生まれて初めて餌をあげた時は、カンガルーの手が私の手を掴んでくれて、すごく嬉しかったです。でも爪が食い込んでいたので、すごく痛かったです。色んな動物と触れ合ったけど、一番可愛いと感じたのは、カンガルーです。なぜか寝っころがっているおじさんみたいなのも可愛かったです。
  • ホウェールウォッチングに行きました。これは、僕のオーストラリア旅行の中で、一番楽しかった出来事です。あんな間近でアザラシを見れてとても感動しました。
  • オーストラリアで起こしたいくつかのことを、今では深く反省しています。でも、そのおかげで自分にはなかった協調性が出てくるようになりました。オーストラリアに行って変わったことは、本当に英語の勉強がしたいと思うようになったことです。
  • この旅行で沢山のつながりを持てました。このつながりをこの期間だけではなく、一生のつながりとして持ちたいです。
  • 一番私の心に残っているのは、ホストファミリー達としたお別れパーティー。一生懸命、英語でスピーチを考えたり、みんなで英語版の「世界で一つだけの花」歌ったりと大変だったけど、とても楽しかった。実際にホストファミリーに向けてスピーチを読んだ時は、かなり緊張した。何だか照れ臭かったけど、ホストファミリーは感動していたので自分まで感動してしまった。嬉しくてたまらなかった。
  • 楽しいことばかりではなかったけれども、様々な経験や体験の出来た初の海外は、全て貴重な思い出にすることができました。
  • お別れの日、とても悲しかったです。朝お母さんたちが手紙をくれました。“またいつでも来ていいよ”というこの一言は、嬉しかったけど、涙が止まりませんでした。お母さんと初めて会ったとき「最高の夏休みにしよう!」と言ってくれました。本当にその通りで、いつも私のために様々なことをしてくれたので最高の夏休みになりました。この感謝の気持ちは何回言っても言い尽くせません。私はまたオーストラリアに行きたいです。私は、ウォーナンブールが大好きです!
  • ホストファミリーは、日本のことに興味を持っていて、日本での事をたくさん聞かれた。日本食を作ってくれと言われ、天ぷらを作った。オーストラリアの野菜やイカなど日本よりもデカい。スーパーでは量り売りをしていた。英語では油で揚げることをflyではなく、deep flyというのだが、そんな事は知らずflyといってしまい、炒め物用の鍋がでてきたり・・・、と色々なトラブルがあったが、ホストファミリーも微妙に手伝ってくれて、無事出来上がり、おいしいといってくれたので良かった。
  • 外国に行って良かったと思いました。でも少し自分で不十分なところがありました。例えば、英語が通じなかったり、相手に対してのちゃんとした答えが言えなかったり、困らしたりしたと思います。でもそれをHannahは、簡単な英語にしてくれたりして、嬉しかったです。でも簡単にしてもらえたのに分からないことが、とても悔しかったです。もう一回外国へ行って、今度は自分の意思を伝えたい!!!
  • ホストファミリーとの対面の時、とても緊張したが、何度も練習をした挨拶をするとホッとした。ステイ中、僕を家族のように大事にしてくれたファミリーに感謝の気持ちを、自分の思ったまま伝えたかったのだが、やはりそれは難しかった。しかし、とにかく単語を並べてみれば思いは伝わった。家ではいつも辞書を持っていた。伝えようとする気持ちが大切だ!ということも分かった。わかりたいという気持ちがあれば、世界が広がる。新しい広い世界をのぞくために、英語の勉強を頑張りたいと思う。
  • 学校の授業は、日本と全然違って、雰囲気が楽しそうで、みんなよく笑ってました。リセスや昼食は大人数で食べました。すごく楽しかったです。お菓子もサンドイッチも学食のお寿司もおいしかった。最後の学校の日は時間を大切にしようと思って、授業を真剣に聞きました。リセスの時間に最後だから、持っていた「ハイチュウ」と「ぷっちょ」を何人かにプレゼントしたら、すごく喜んでくれて嬉しかった。包装紙を大事に開けながら一粒出しているの見て、もっと持ってくれば良かったと思いました。いつかまたオーストラリアに行きたいと思います。特に「ウォーナンブール」に。オーストラリアに行くまでは英語出来なくても、困らないとか思ってたけれど、この2週間を通して英語をもっと勉強しようと思いました。
  • 団体行動の大切さやその他いろいろな事を、このホームステイで学ぶ事が出来ました。本当にありがとうございました。
  • 最初の2日間、家族となじむ事ができなくて、このままあと7日間過ごしていけるのかな?って本当に不安でした。会話もほとんどなくて、朝起きて学校行って帰って・・・ そんな2日間を過ごしてこのままじゃダメッ!!って思いました。こんなんじゃここに来た意味がないって!!だから私はその日の夜ご飯の時、電子辞書と本屋で買ってきた英会話の本で話す事にしました。一言喋るのにも時間がかかって大変だったし、自分の言いたいことが言えなくて泣きそうになったことも何回もあったけど、話してるうちにもっと話したい!!もっと家族のこと知りたい!!もっと自分の事知って欲しい!!って思うようになりました。
このページの先頭へ