2006 第15回中高生ホームステイ交流 生徒たちの感想から

開催:2006年7月22日~2006年8月 4日

~ 生徒たちの感想文から抜粋 ~

  • アイスクリーム屋もどんな味だかわかんないような味ばっかりあって、見てるだけでも飽きなかったし、実際食べた「レインボー」ってやつもうまかった!オーストラリアはアイスだけではなくケーキやプディング、ミートパイにソーセージロールはもちろん、ハンバーガーも日本のものよりもおいしく感じた。外国の食べ物は味付けが大雑把なので日本人の口には合わないとよく聞くけど、ハンバーガーやソーセージなどの肉料理はスパイスが効いていておいしかった!!特にBBQのときのハンバーグ!!うまかった!!でもやっぱり‘俺が作った’オムライスはホストファミリーにも大好評だった。
  • 初めての海外。まさか、その初めての国で友達ができるとは、思ってもいなかった。初めて学校に行ったときに、ある女の子が私の方を見て‘ニコッ’と笑ってくれた。私もあわてて‘ニコッ’と笑って返した。そして、その時、私は少し安心した。
  • 何をすればいいか分からず立ち止まっていると、卓球をしようと誘ってくれたので、その一言で僕の緊張が解けました。卓球を楽しんだ後、トランプなどで遊びました。ゲームで遊んでいるうちに、すっかり家族の雰囲気に馴染んできました。
  • オーストラリアと日本が、もっと近づいて、より多くの日本人、またオーストラリア人が相手の国へと足を運び、相互の文化を理解し、仲の良い国へとなっていって欲しい!それが今の私の一番の思い。
  • 一緒に言った11人の友達。自分と日々を送ってくれたことに感謝している。つらいときはあったが、一緒に乗り越えてきた。友達のありがたさを改めて実感した。又、いつの間にか友達になっていた、友達関係はこのようにして生まれていくのだろうか?そしてなによりも自分に自信を持つことができた自分に、ありがとう。
  • ブラウワー校は、とても広くてびっくりしました。日本語の教室の窓には、ドラえもんとかピカチューとかの絵がはってありました。教室の中はひらがなのはり紙がいろんな所にはってありました。
  • まず驚いたことが、弁当箱がとてもでかい。学校に着いてからは、筆箱もでかい、学校もでかいで、何もかもがでかかった。次に驚いたのは、中学生から高校生まで一人一台ノートパソコンを持っていたこと・・・
  • 前日に「明日は私たちが天ぷらを作るね」と言ったら、「イェーイ!テンプーラー♪」とハイになってくれたので安心して作ることができました。しかし買い物の時に日本と違って、100グラム表示じゃなくて1キログラム表示だったので、買いすぎてしまいエビの皮むきがとんでもないことになってホストファミリーも巻き込んでしまいました・笑。
  • なによりの想い出が、初めてのサーフィンとカンガルーを食べたことです、サーフィンは、海水がとても冷たかったけど夢中になり過ぎて、海水の温度を忘れるくらい楽しかったです。
このページの先頭へ